〒500-8076 岐阜県岐阜市司町22
JR東海道線「岐阜駅」よりバス10分、タクシー10分
京都、大阪、名古屋、大垣市、多治見市、各務原市からも来院多数

電話でのお問合せ・入れ歯相談予約

0120-836-335
診療時間
火曜・水曜・金曜・土曜
9:30~13:00/14:00~18:00
月曜 10:00~13:00/14:00~18:00
休診日 
木曜・日曜・祝日

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

入れ歯治療には、保険でできるものと自費治療になるものがあります。でも、保険と自費で何が違うのか、よくわからない…という方も多いはず。

こちらでは、実は大きな大きな違いがある、保険の入れ歯と自費の入れ歯についてお話していきましょう。

保険の入れ歯はあくまで「最低限」

保険で何でも治療できる。このようにお考えの方が多いのですが、残念ながらそんなことはありません。

保険治療は、できるだけ安い費用で「最低限の医療」を提供するのが大前提。そのため、治療法や治療に使える素材は、国が決めた細かいルールで最低限の水準に抑えられています。このルール以上の治療は行えない決まりです。

安いけど制限だらけ

保険治療の最大のメリットは治療費が安いこと。そして治療期間が短いこと。

でもその代わり、ルールで決められた多くの制限があるので、患者さまにとっての最良の治療はできません

見た目や硬いものが噛めるのか、口の中での快適性、長く使えるのか…こうした点は「最低限」を超えるものとして扱われてしまうからなのです。

安価なプラスチックしか使えない保険の入れ歯

近年の技術進歩はめざましく、入れ歯に使える素材がさまざま開発されています。金属や高品質プラスチック、シリコンなどがそれで、こうした最新の素材を使うことで、見た目の良い、違和感の少ない噛みやすい入れ歯が作れるようになりました。

ところが保険治療では最新の素材は一切使えません。使えるのは、安いプラスチックのみなのです。

安価なプラスチックしか
使えない保険の入れ歯

保険の入れ歯との違い

それではここでもう少し具体的に両者の違いをみてみましょう。

  保険 自費の入れ歯
治療費


安い


高い

治療期間


短い


やや長い

使える素材


安い素材


最新の素材

噛みやすさ


硬いものを
噛むのは難しい

硬いものも
噛みやすい
外れやすさ


外れやすい


外れにくい

痛み


噛むと痛い
 


噛みしめても
傷まない

見た目


作り物っぽい
 


入れ歯と
分からない

▲左右に指でスクロールしてください

保険は安くて、短い治療期間

安い素材を使い、治療法も最低限のものに抑えた保険治療は、低料金かつ短い期間での治療です。まさに「最低限の医療」といえます。

反対に自費治療は、最新の素材を使い、制限のない手間ひまをかけた治療法で、患者さまにとっての最良の治療を目指すことができます。その分、治療費は高くなりますし、治療にかかる期間もやや長くなるのです。

自費なら硬いものでも噛みやすい

 「タコの刺身を食べたい!」
 「おせんべいをバリバリ噛んでみたい」

こうした希望は、残念ながら保険の入れ歯では叶いません。保険のルールによって決められた治療法と、安いプラスチックという素材では、硬いものを不自由なく噛むのは難しいのです。

その点、当院がおすすめする自費の入れ歯「ゲルバーデンチャー」は、硬いものでも噛みやすい点が特徴。

ヨーロッパでの長年の研究から生み出された最新理論にもとづき、ミクロン単位の調整を重ねながら患者さま一人ひとりに合わせて緻密に作られた入れ歯は、お口にフィットして安定するので、力を入れて噛むことができます。

自費なら外れたり浮いたりしづらい

カラオケで歌っていたら入れ歯が外れた、食事中に入れ歯が浮いてしまう。こんな経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

治療法が限られている保険の入れ歯は、口を大きく動かすと、ガタついたり外れたりしやすいのです。

一方、あごの骨の状態や患者さまの生活様式、噛み方の癖まで勘案して、完全オーダーメイドで作る、自費の「ゲルバーデンチャー」は、吸盤のように入れ歯が歯ぐきに吸い付くため、歌ったり硬いものを噛んだりしても、そう簡単に外れたり浮いたりはしません。

お友達とカラオケやお食事を思い切り楽しめます。

自費なら噛みしめても痛くない

グッと噛みしめると、入れ歯が歯ぐきに当たって痛い。これは、歯ぐきに対して噛む力が均一にかからず、特定の部分に強く力がかかってしまうために起こります。

保険の入れ歯は、入れ歯を作る際の型取りが簡易的なので、歯ぐきにピッタリとフィットする入れ歯を作るのが難しく、特定の部分だけに力がかかりがちなのです。

自費の入れ歯「ゲルバーデンチャー」なら、型取りに使う材料も一級品。変形することなく精密な型を取ることができます。その結果、歯ぐきにピッタリとフィットする入れ歯になり、歯ぐき全体に噛む力が均一にかかるので、噛みしめても痛みがないのです。

自費なら入れ歯と分からない

本物の歯と歯ぐきのような
ゲルバーデンチャー

入れ歯だと気づかれやすいポイントは、不自然な白さの人工歯と単色の歯ぐきです。

安いプラスチックしか使えない保険の入れ歯は、天然の歯のような人工歯にはできないですし、歯ぐきの部分に使えるピンクも単色です。

当院の自費の入れ歯「ゲルバーデンチャー」は、世界義歯コンテストで優勝した貝沼技工士が作ります。

わざと歯に少しだけ着色を施して本物の歯に近い見た目にしたり、歯ぐきの部分はさまざまな濃さやトーンのピンク色を何色も重ねて、血管が透けて見えるような自然な歯ぐきの色を再現したり。

他人に入れ歯と気づかれない、本物の歯と歯ぐきのような自然な見た目の入れ歯ができあがります

自費なら「最良」を目指せる

保険の入れ歯と違って、自費の入れ歯にはルールや制限はありません。

ここまでお話してきたように、硬いものを噛める入れ歯や外れにくい入れ歯、痛くない入れ歯を作ることは可能です。

その上、本物の歯と歯ぐきのように自然な見た目にできるため、他の人に入れ歯と気づかれて恥ずかしい思いをすることもありません。

「最低限の医療」を遥かに超えた「最良の医療」を目指せる治療。それが、自費の入れ歯なのです。

次はこちら
当院入れ歯が選ばれる理由

気軽にご相談ください

当院では、入れ歯治療をお考えの患者さまに、無料相談を実施しています。

  • 保険と自費の違いをもっと知りたい
  • 自分も「バリバリおせんべいを噛める」ようになるのか診てほしい

という方は、ぜひ気軽に無料相談にお申し込みください。

入れ歯治療をご検討中の方へ

治療に対するこだわりや当院の強みを掲載しています。

保険と自費で異なる点について、詳しく解説しています。

当院がご提供する入れ歯治療についてご紹介します。

煎餅をバリバリ噛める「ゲルバーデンチャー」のご紹介

他人にバレない部分入れ歯「パラレロコーヌス」のご紹介

治療終了までの流れについては、こちらをご確認ください。

安心して受診いただけるよう、院内環境を整えています。

患者さまからよく寄せられるご質問にお答えします。

治療費の分割方法についてご説明するページです。

世界入れ歯コンテストで優勝した技工士が在籍しています。

院長の経歴や治療に対する想いを綴っています。

診療時間やアクセス方法は、こちらをご覧ください。

どうぞお気軽に
ご相談ください

  • 入れ歯で噛むと痛い
  • どこの歯医者でも噛めるようにならない
  • 好きなものを食べたい
  • 急いで入れ歯がほしい

こんな悩みはありませんか?

当院では30~60分の「入れ歯無料相談」を実施しています。ぜひご利用ください。

診療時間
9:30~13:00
14:00~18:00

─:休診日  ▲:10:00~13:00

診療時間

 
午前
午後

午前:9:30~13:00
午後:14:00~18:00
▲:10:00~13:00
休診日:日曜・木曜・祝日
※祝日がある週の木曜は診療しています。

桐山歯科医院 入れ歯専門外来

〒500-8076
岐阜県岐阜市司町22

JR東海道線「岐阜駅」より
バス10分、タクシー10分
京都、大阪、名古屋、大垣市、多治見市、各務原市からも来院多数